システム導入の失敗

先ほどのページで、システム導入のメリットについて見てきました。
システムの導入によって、業務の改善・効率が達成できることはお分かり頂けたのでは無いでしょうか。
しかし、何故かシステム導入に失敗する企業が約8割いるとも言われています。
どうして、このようなことが起こってしまうのでしょうか?

ここでは、システム導入の失敗について説明することで、これからシステムを導入するときの参考にしていただきたいと思います。
まず、システムを導入する際に業者任せになってないでしょうか。システムを導入するには、最終的には経営トップの決断が不可欠です。そのため、経営者がシステム導入に関心を持っていなければ失敗する可能性が高まります。
システム導入にはお金がかかります。投資したのに、思うほどの改善がもたらされないこともあるのです。目的をはっきりさせることが重要になります。
また、導入する際には、業者任せにならないように、システムについて一緒に開発する担当者を社内で決めていかなければなりません。

最後に、システム導入には予想以上に納期が延びたり、コストが余計にかかったりすることがあります。
ぜひ、タクトシステムズのようにコンサルティングを徹底してくれる業者と相談しながら進めて行きましょう。