アルゴリズム

タクトシステムズの二つ目の特徴について、説明していきます。
次に説明するのはタクトシステムズの強みである、TOCに基づいたCCPMです。
TOCというのはプロジェクトを管理するための画期的な科学的手法です。これを用いることで、全体の業務を考えて最も効率のよいシステム活用ができるのです。
TOCは人間の行動特性、アルゴリズムに基づくものです。
これによって、開発期間を大幅に短縮できるために短納期を可能にしているのです。
タクトシステムズの過去の実績では、この手法によって、3ヶ月の開発期間のものを3週間で終わらせることを可能にしました。

システムを導入する場合には、開発期間というのが大きなポイントです。
開発期間が伸びてしまうことは、システム道入においてはつきものです。
その点、タクトシステムズなら安心です。
時間のかかるシステム開発を、科学的な手法によって短縮させることができるからです。

開発期間についても注意しながら、システム導入を考えてください。